出産したとき|生命保険・医療保険を見直しするなら一括資料請求で比較する【保険特急便】

保険特急便

電話番号:0120-981-664
TOP > 出産したとき

出産したとき

出産したとき

結婚後、子宝に恵まれ、無事出産となった際には、家族が増える事により、生活支出も多いものとなります。また、成長と共に教育資金も用意しなければなりません。
子供の成長と共に教育資金を貯蓄性のある保険で補うのが「学資保険」です。学資保険では、子供の成長設計を行い、進学時には、入学資金を受け取る設計が可能です。
また、子供の進学時や満期時には、学資金や祝い金、満期保険金が支払われる商品もあります。

学資保険は、貯蓄性のものですが、別の方法として、定期保険を追加で加入する世帯も増えています。各家庭で、子供に対しどのような教育を考えているかによって必要な金額も変動しますが、子供一人あたり500万円~1,000万円程度の教育資金を想定し、定期保険に加入しているケースも数多くみられます。

将来必要となる資金と時期を考えて保険選びのキーワードは、「何に」「どれくらい」「いつまでに」準備するかです。 親の責任として、お子様が学校を卒業して独立するまでの養育費や学費を準備しておく必要があります。 一家を支える者として万一の時には、残された家族の生活費と子供が独立するまでの養育費を準備できるように、その間の死亡保障を厚めに設定することが大切です。親が健在の場合でも、お子様の進学に備えて教育資金の準備を計画的に行うことが必要です。又、突然の入院による医療費の負担と収入減に備えて医療保険は不可欠です。
おすすめとしては、一生涯の保障として終身保険をベースにし、お子様が独立されるまでの期間は保険料負担の軽い定期保険や収入保障保険を上乗せし、保障を手厚くします。
お子様の確実な学資金準備には、こども保険や貯蓄性の高い商品で用意します。医療保険については、一生涯の保障が有り、低廉な保険料の商品を選択し、できれば入院費用など多額になるガンへの備えとしてお手頃ながん保険も合わせて準備します。総括として、家族が増えて責任が一気に高まるこの時期にトータルな保障準備をすることをおすすめします。

お任せ資料請求・お問い合わせ

  • 請求ランキングベスト3!おまかせ資料請求
  • 電話番号:0120-981-664
  • 電話番号:0120-981-664
  • 最大13社から無料一括資料請求

ページのトップへ戻る