結婚したとき|生命保険・医療保険を見直しするなら一括資料請求で比較する【保険特急便】

保険特急便

電話番号:0120-981-664
TOP > 結婚したとき

結婚したとき

結婚したとき

結婚すると妻一人でも家族ができます。この時点で、もし妻が専業主婦で、夫の収入しか見込めない状況にある場合、万一の死亡時のリスクが伴う事になります。
また、夫婦共働きの家庭で夫もしくは、妻の片方が病気やケガでの入院や死亡した場合、パートナーへの生活に多大な負担を掛けてしまう事になってしまいます。
また、結婚当初は、専業主婦でも、子供ができてから共働きになる等、この時期から具体的なライフプランを二人で考える事も必要です。
勿論、将来的に共働きを考えるのであれば、保障内容も保険料もバランスの良い商品を検討する事ができます。
女性(妻)の場合は、妊娠後に医療保険に加入する事ができなくなるケースもあります。出産費用等については、医療保険の適応外となりますが、万一の病気に対して、終身医療保険を選択しておけば安心です。

現在加入している保険について、その保障内容や保険金額の見直しをするタイミングです。
今までの自分ひとりの加入基準から夫婦ふたりでの加入基準に変わります。配偶者という家族が増えるわけですから、その分の責任を持つことになります。
そのため、万一の保障も残された家族の生活を守るためには、ある程度の死亡保障を準備する必要があります。加入している年金(国民年金、厚生年金)からの死亡保障や勤務先からの保障(死亡退職金)を考慮して不足分を準備します。
又、ケガや病気という突然の入院による医療費の負担と収入減に備える医療保険をしっかり備えることをおすすめします。
どれだけの保障を準備するかは、生活スタイル(共働きをする場合など)や将来のお子様の教育費まで視野に入れて備えるかなどで変わってきます。おすすめは、死亡保障は、ある程度の必要保障額を準備するために掛け捨てタイプの保険で保険料負担を軽くし、医療保障は、終身保障タイプの保険にしっかり加入することです。

お任せ資料請求・お問い合わせ

  • 請求ランキングベスト3!おまかせ資料請求
  • 電話番号:0120-981-664
  • 電話番号:0120-981-664
  • 最大13社から無料一括資料請求

ページのトップへ戻る