保険の基礎知識|生命保険・医療保険を見直しするなら一括資料請求で比較する【保険特急便】

保険特急便

電話番号:0120-981-664
TOP > 保険の基礎知識

保険の仕組み

保険の仕組み

日本では、慶応3年(1867年)に福沢諭吉が、欧米の近代的な保険制度を日本国内で紹介した事が発端となり、明治時代に入って生命保険会社が設立されました。
当時以前から人間は、集落での生活や大家族の中で生活し、危険にあって不幸になった者をお互いに助け合う共同保障の工夫をしてきました。

しかし、産業の発展や生活環境の変化等から、社会的分業が行われるようになり、家族構成の単位が小さくなってくると、一家の主な収入を得ている主が死亡した場合、残された家族への影響は想像以上に大きいものになってきました。

そこで考え出された仕組みが、相互扶助の理念によるものです。助け合う大勢の人が公平に保険料を負担しあい、いざという時に給付を受ける事ができるよう、大勢の人による「助け合い」「相互扶助」の仕組みが生命保険の仕組みです。

保険の必要性

保険の必要性

現代の私達の生活は、生活水準の上昇に伴って、支出が増える傾向にあります。
また、社会情勢の変化に伴う生活物価の上昇や税率の上昇、各種ローンの増大により、家計における負債も増加しています。1ファミリーの主の事故や災害、病気等からの入院や死亡がいつ起こると、たちまち収入と支出のバランスが崩れ、想定していなかった厳しい生活を強いられる可能性もあります。
今の私達には、そのような災害や死亡がいつ起こるか想定できません。

一方、長生きをした場合でも、いつまでも安定的で十分な収入があるとは限りません。このように、私達の生活は、一生を通じて、 常に生活に必要な経済バランスが崩される危険にさらされているのです。

このような想定外の出来事により、厳しい経済的な状況を陥らない為にも十分な準備をしておく事が必要です。
万一の場合に備える方法として、相互扶助の精神から生まれた生命保険は、あらゆる危険が綿密に分析・計算され、保障が開始される日から即座に大きな保障が得られ、 生活の上の最も必要な経済的な部分を補うものとして生命保険が最も合理的なのです。

生命保険は、死亡や災害の場合、遺族の保障だけでは無く、病気やケガに対する医療資金の確保や老後の生活を保障する方法としても、また、結婚、出産、 子供の教育や進学、住宅の購入等の資金を確保する方法としても、幅広い機能を提供していますので、私達の生活にとって、欠かす事のできない必要なものです。

保険の種類

保険の種類

現在、日本国内で、生命保険業免許を取得している生命保険会社は、合計47社(※国内生保:43社 外資系生保:7社 2011年3月現在)もあります。
商品数は、 約900種類ともいわれ数も多く、時代の変化に伴う、ニーズの多様化で、次々に様々な保障内容の商品が新たに販売される事から、数えるのも困難な位です。
また、保険商品は、目に見える商品ではない為、判断がし難い、分かり難い等の声が多いようですが、個人の生活環境(家族構成や収入)から、将来の生活不安を取り除く必要なものです。

生命保険を考える上で重要なポイントは、生活で得た収入から様々な支出が発生する中で、無理なく将来の為の保険料を捻出できるかです。 まずは、どんな保障内容を選ぶか。
将来を考えた設計をライフコンサルタント作成し、いざというという時、万一に備える為の保障内容を十分に検討し、その保障を買う目的での加入を推奨します。

生命保険契約は、人生の中で、長期にわたる為、時代や社会情勢の変化やライフサイクルの変化から個人の経済状況も大きく変化します。 個人にとって、良い保険の選択をする上では、安心して相談できる良き相談相手として、ライフコンサルタントとの保険相談をする事が大きなきっかけになるでしょう。
そのきっかけを利用し、加入している保険の見直し相談も必要です。
保険見直しとは、現在、加入中の保険で問題無いと考えていても、時代の変化や市況の変化により、保険会社の保障内容も日々改善を重ねています。
現在、加入中の保険の保障内容が変わる事はありませんが、加入中の支払い保険料同額、もしくは、安い料金で、保障内容が充実した保険を探し出せる可能性がある事も 見直しのメリットです。
まずは、ライフコンサルタントに相談を。今年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響もあり、保障内容の確認や見直し、新規加入のニーズが増えています。

前述でも述べた通り、時代や市況の変化で、保険会社の商品も変わり始めています。
震災をきっかけに加入できなくなった保険商品もありますので、この機会にライフコンサルタントへ保険相談してみる事をお勧め致します。

お任せ資料請求・お問い合わせ

  • 請求ランキングベスト3!おまかせ資料請求
  • 電話番号:0120-981-664
  • 電話番号:0120-981-664
  • 最大13社から無料一括資料請求

ページのトップへ戻る